亀田和毅とマクドネル再戦テレビ放送はいつ?試合の評価について

亀田三兄弟の末っ子の亀田和毅(ともき)ですが、6日のWBAバンタム級タイトルマッチで王座奪還が出来なかったようですね。

相手のイギリスのマクドネル0対3の判定負け。

最近テレビとかでめっきり見なくなってしまった亀田三兄弟ですが、まだまだ若い三男の亀田和毅さんに再熱の期待がかかりましたが残念な結果に終わりました。

マクドネルとの再戦放送はいつ?

リアルタイムで見ていなかった方のために、試合の概要を少し。

亀田選手はバンタム級王者のジェイミーマクドネル選手に挑みましたが、12回のフルラウンドを戦い抜いたものの0-3の判定負けとなりました。

終始押され気味の亀田選手でしたが、ファイナルラウンドの12回。ついにダウン。

これが12回にダウンした時の写真です。

0001

ガッツリお尻ついちゃってますし、これは0-3の判定にさすがの亀田サイドも文句ないですね。

ジャッジの内訳は116—111、115—112、117—110という感じで、結果を見ると結構な大差で負けてしまったことが分かると思います。

この試合自体も再戦だっただけにファンとしてはとても残念ですね。

昨日おわったばかりのこの試合ですが、ファンとしては再戦がいつなのか、気になるところですよね。

再戦については色々憶測が飛び交っているようですが今のところ確かな情報はありません。

判明次第追記します!

この試合の評価と総合的な評価について

スポンサーリンク

正直、この試合に関しては結果だけ見ると大敗な感じがしますが、試合内容は決して悪いものでは無かったです。

上に挙げた写真も、写真だけで見るともろにダウンをくらったような感じですが、実際はダメージのほとんどないダウンのようでした。

ちなみに、この試合の前に兄の大毅選手が再起を誓った試合を行いましたが、こちらも1-2の判定負け。

一時の亀田黄金期時代はどこへ言ってしまったのか・・・

一番下の亀田和毅選手は三人の中で一番の天才だといわれていましたが、さすがにこの結果を見てしまうと何階級制覇!のような偉業は厳しそうに感じざるを得ません。

まだ再戦は決まっていませんが、またしっかりと体をつくりこんでベストな状態で再挑戦してもらいたいですね!

色々な騒動や問題もありましたが、日本人が世界の場で活躍するというのはやっぱりいいもんです。

兄弟そろってまたテレビの世界で活躍できると良いですよね。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます! もし、『知りたい情報やためになる内容が少しでもあった!』ということであれば右下のソーシャルボタンから記事のシェアをしていただけますと大変励みになります。今後ともINFO STYLEをよろしくお願いします(^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ