松木安太郎の髪は薄い?実家は日本橋のうなぎ屋!

モーニングバード!でスポーツキャスターをされていた松木安太郎さんの髪は薄い?

明るくチャーミングで面白い松木さんのCMで話題になった頭皮の状態を

スヴェンソンのCMであらわにされている時の比較を見てみるとそんなに違っていたのか、

と思うくらい増毛しています。カツラなのかそれとも地毛が本当に増えているのか?

その真相と実家は日本橋のうなぎ屋なのかその実態に迫って行きます。

スポンサーリンク

松木安太郎

1957年生まれの元サッカー選手、現在はサッカー解説者をされています。

「サッカーの事はラモスに聞け」って言う冗談も持っている方で、あのキャラなので想像しただけでも笑える面白い方ですね。

サッカーの実況は熱血でスポーツ解説では明るくユニークな性格と話し方で人気があり、

現役の頃の読売サッカークラブ時代では宴会部長まで勤められていました。

1993年には35歳という若さでヴェルディ川崎の監督に就任。

当時として異例の抜てきに周囲を驚かせていたのですが、松木氏の戦略が選手との考えが合わず初年度は優勝を逃したものの翌年にはチャンピョンシップを制覇し見事優勝を飾り、そのシーズン限りで引退されました。

松木安太郎の髪は薄い?

松木さんが人気で明るく輝いているキャラを支えてるのはカツラのおかげ?

だんだん薄毛になってきて見た目と自信がなくなり、仕事にも影響が出始めていたそうで、髪の毛で悩まず自信を取り戻したいと思ってらっしゃったそうです。

そして2008年から増毛を取り入れられて、スヴェンソンのCMにも出演されています。

そのホームページではイメージキャラクターになっていらっしゃっていて他にも有名な方では、やくみつるさんもスヴェンソンの愛用者です。

では、松木氏はカツラなのか?というと、そうではなくカツラのようなもの。

ハッキリ言えなくて申し訳ないのですが詳細を見てみると、人口の髪の毛を編み込む独自の増毛法だそうで、一般的に被っているイメージではなく強引に引っ張っても簡単には外れる事はないみたいでシャンプーやドライヤーも髪がフサフサの人と同じようにできるそうです。

1カ月つけっぱなしでも大丈夫と言われているそうで、手入れの煩わしさもなさそうですね。何より髪の毛が増えて人生をより良く生きられるなら私もそうするかもしれないですね。

今の松木さんを見ているといつも楽しそうですもんね。

有名な育毛剤が効かなかったらこちらを試してみるのも良さそうですね。

実家は日本橋のうなぎ屋!

松木安太郎さんの実家はというと日本橋で操業140年を超える老舗のうなぎ屋をされているそうです。

お店の名前はというと「近三」きんぞうではないですよ、(きんさん)といわれるそうです。

何度かグルメ番組などでも取材された事がある有名なお店で入口がどうもわかりにくいらしいですが、

きっとおいしいんでしょうね。

私は人生で1回だけちゃんとしたお店でうな重を1杯だけ食べたことがありますが、めちゃくちゃうまかったです。

一口頬張るだけで黄昏てしまうほどの、あの柔らかな身と甘いタレが浸みこんだウナギを極力残しながらご飯がおかわりできたので

後はタレだけで3杯食べました(笑)

また食べたいのですが、庶民にはなかなか手が出せない食べ物ですからね(泣)

まとめ

松木安太郎さんの髪が薄いのはどうやら本当なのですが、髪の毛の事で悩まず積極的に自分に向き合いスヴェンソンの増毛法を取り入れられ普段からあの明るいキャラなので増毛でさらに生き生きとされている姿が、見ていて気持ちいいですね。

実家のうなぎ屋は140年も続く老舗のうなぎ屋で松木安太郎さんのサインありますかー?と尋ねたら運が良ければもらえるかもしれませんね。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます! もし、『知りたい情報やためになる内容が少しでもあった!』ということであれば右下のソーシャルボタンから記事のシェアをしていただけますと大変励みになります。今後ともINFO STYLEをよろしくお願いします(^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ