中島知子の洗脳は解けていない?苫米地が提言!占い師?

中島知子さんといえば数年前に芸能界から突如姿を消し、洗脳騒動を巻き起こしましたよね。

占い師の女性に洗脳されているという報道から始まり、その異様な生活スタイル伝える報道が連日されていました。

しかし、そのマスコミの報道と真実は実は大きくかけ離れているようなのです。

今回はそんな中島知子の現在と今の心境などについて取り上げたいと思います!

洗脳は未だに解けていない?

c0144828_10272912

元オセロの中島知子さん。

一時期はお笑いコンビオセロとして、相方の松島さんと共に一世を風靡しました。
女性お笑い芸人でMCまで務め、多くの番組に出演して今でも人気があるのはオセロくらいではないでしょうか?

そんな彼女ですが、数年前に起きた洗脳騒動で一気に人気も地に落ちてしまいます。

この一連の洗脳騒動に関しては既にいろんなところで語られているので説明は不要だと思います。

しかし、長らく沈黙してきた中島さん本人がテレビで真実を語るや否やまたこの事件へスポットが当たり再熱します。

彼女が語った真実というのは、『自分は洗脳状態にあったことは一度もないし、今もされていない。占い師と報じられている人は昔らの友人で家に泊まりに来たりする仲のいい間柄。それに今占い師をしているわけではない。彼女も悪くないし、マスコミで報道されてることの95%は偽り。』というものです。

そうです。マスコミ報道のほとんどは真実と異なるというのですね。

では、なぜこんな疑惑が持ち上がったのか?というと、すべての始まりは彼女の親との不仲が原因のようです。

かねてから家族と上手くいっていなかった彼女ですがあるとき関係がさらにこじれてしまい、そこからあらぬ作り話をマスコミにリークされたのだとか・・・

こうなってくると悪いのは家族?ということになりますが、そこに関してははっきりと名言はしていません。

でも、間接的にはそういうことですよね。。。

世の中の人々の声

無題

では、世間の人々の声はどういったものなんでしょうか?

Twitterや掲示板といったネットメディアを中心に中島知子さんやその周囲に起きている一連の事件についての意見を見ていきましょう。

A さん
中島さんの言っていることを信じたい。マスコミってあることないこと報道するからマジ信じられん。
B さん
これは辛い・・・。確かにマスコミって人が面白いとおもうことなら何でもする連中だからな。100%とはいわないけど真実っぽいな。
C さん
相方の松島さんはちゃんと知っているのかな?家族の不仲が原因としたら、それが芸能人生にも響いてしまうのはなんかやるせないですね・・・

基本的に中島さん擁護の声は多いみたいですね。

オウムの脱洗脳!苫米地英人が提言!

スポンサーリンク

苫米地英人さんはカーネギーメロン大学で教授をされている認知科学者です。

カーネギーメロン大学は世界でも脳科学などの研究が盛んな大学で、この分野では名門中の名門です。

彼は今では自己啓発系の本を中心にさまざまな書籍を出版されていて、印税だけでも相当な収入です。

他にも情報業界にも参入していて、ビジネスセンスも一流ですね。とりあえずとても頭のいい方です。

20130501_nakajima_21

彼は脳科学を専門にしているということもあり、洗脳に対するコラムなども多数執筆されています。

苫米地さんが洗脳問題についてよくコメントするようになったのは間違いなくオウム事件がきっかけですね。

当時、麻原死刑囚の強力な洗脳下にあった信者たちの脱電脳を担当したのも彼です。

ここから有名になっていくのですが、書籍を読むと分かりますが言っていることはかなりヤバいです。色んな意味で。笑

そんな洗脳論の専門家でもある苫米地さんは中島知子さんの洗脳疑惑の中でも相談窓口として担当していたようで、色んな憶測は飛び交っていますがこれは真実のようです。

このとき、苫米地さんが語ったのは意外や意外。
『中島知子さんは洗脳されていない。洗脳状態にはない。』ということでした。

これが本当だとすれば、彼はいち早く彼女の状態を見抜いていたということになります。さすが専門家といったところですね。

まとめ

今回は洗脳騒動で世間を賑わせた中島知子さんについて取り上げました。

正直、本人が語った真実というのもメディアで流れていることなのでどちらが真実なのかは分かりません。

ただ、個人的には最近中島さん本人が自分の口で語っている『真実』の方が論理的で話も分かりやすく、こちらを信じたいと思っています。

今回の件を通じて、洗脳って本当に難しい問題なんだなぁと感じましたね。

誰にでもなる可能性のある洗脳。怖い怖い・・・。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます! もし、『知りたい情報やためになる内容が少しでもあった!』ということであれば右下のソーシャルボタンから記事のシェアをしていただけますと大変励みになります。今後ともINFO STYLEをよろしくお願いします(^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ