川島なお美の背中が激やせ…旦那も病気で闘病中

川島なお美さんっていつまでも変わらず美人という印象のとても強い女優さんです。

しかし、2014年に肝内胆管癌という病を発症してからはテレビなどへの出演機会もなくなり闘病生活が続いていました。

この病気ですが、術後の5年生存率が40~50%という非常に恐ろしい病です。

旦那さんでパティシエの鎧塚俊彦も目の病気を患っていますし、夫婦そろって闘病生活の連続。。。

そんな彼女は現在どのような感じなのでしょう。

川島なお美さんが激やせしたと話題に

そもそも細い川島なお美さんですが、肝内胆管癌の闘病でますます細くなってしまったと話題になりました。

0001

こちらが最近の川島なお美さんの写真ですが、かなり痩せられました。。。

ブログに載せられた写真でも、背中の痩せっぷりがすごいことが分かると思います。

キャプチャ

背中開きのドレスを着ていた時に川島なお美さんを実際に見た方のはなしだと、背中が骨まで見えるくらい痩せていたという風に話も聞いたことがあります。

写真って結構太って見えるといわれていてこのレベルですから、実際に見たら相当細いんでしょうね。

大好きなワインを片手に微笑んでいらっしゃいますが、二の腕とかめちゃくちゃ細くてとても心配になりますね・・・

そんなこちら側の心配とは裏腹、
この時の会見では『とても元気です』と口にしたようで、とても強い方だなぁと思いました。

52757_200803110775709001205239033c

こちらは数年前の川島なお美さんですが、これと比較するとどれだけ痩せてしまったかがよくわかりますよね。

ファンのひとりとしては、また元気になってテレビで元気な姿を見せてほしいです。

旦那さん、鎧塚俊彦さんの病状は

スポンサーリンク

一方旦那さんの鎧塚俊彦さんも2012年に網膜中心静脈閉塞症という病であることを告白。

川島なお美が左目はほとんど見えないことも明かしています。

旦那さんが病気になったときには、『自分が夫の目になります』というような発言までしてとても強いきずなで結ばれた夫婦なんだなぁと感じましたが、病状的に今度は夫である鎧塚さんが川島さんを支える形に。

最近では左目の病状は落ち着いているようですので、今まで献身的な看病をしてくれていた川島なお美さんにこれからもしっかりと寄り添ってあげてほしいですね。

1960年生まれということで現在54歳。

まだまだ女優さんとしても、当然タレントさんとしても活躍できる年齢です。

肝内胆管癌という病気自体を調べてみると、非常に悪性が強く治りにくいのが特徴と書かれていますが、健康維持に気を使われている川島さんであれば必ず克服してくれると思います。

ちなみにこの病、数年前に大阪の印刷会社職員が数多く発症したことからニュースになりました。

印刷会社で使われる物質が原因で発症リスクが高まったとのこと。

まとめ

今現在も闘病生活を続けられているわけですが、病状は回復傾向にあると報じられていますし、自身でもそうおっしゃられています。

川島さん自身とても強い方なのでテレビや報道陣の前では決して弱みは見せないと思うので尚更心配です。。。

今後もテレビでの活躍期待しています!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます! もし、『知りたい情報やためになる内容が少しでもあった!』ということであれば右下のソーシャルボタンから記事のシェアをしていただけますと大変励みになります。今後ともINFO STYLEをよろしくお願いします(^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ