高橋由伸の監督就任で批判も?気になるコーチ陣は?父親の会社倒産の過去!

先日、高橋由伸選手の引退が発表され、多くの方に見送られながら巨人軍を後にしました。

野球人生をすべて巨人で過ごした希有な選手です。

そして注目が集まるのは新任監督としての今後の活躍です。

まだまだ選手としても活躍できる能力を持ちながらも選手を引退し、監督への道を選んだ彼の選択は今後の巨人軍にどう影響するのでしょうか?

今回はそんな高橋由伸新監督について見ていきたいと思います!

高橋由伸

o0220032012486280104

高橋由伸選手は1975年生まれの野球選手。

オールスターゲームには9回もの出場を誇る大人気選手です。

元日本テレビアナウンサーの小野寺麻衣さんとの間に2人のお子さんがいらっしゃいますね。

彼は野球の名門である桐蔭学園から慶応大学へ入り、1年生からレギュラーを獲得するなど大学野球時代も大きな活躍をします。

その活躍はすぐに野球関係者やスカウト、マスコミの目にとまり、ドラフト時には9つもの球団が取り合いました。

今でも高校野球で大活躍し、ドラフト1位指名を複数の球団から受ける人はいますが、9球団からの同時指名というのは今から考えても凄まじい人気っぷりだったことがお分かりいただけると思います。

プロ入り後の彼の活躍は既に説明不要でしょうが、今思い返すとプロ入り1年目からファンを驚かせてくれましたね。
新人外野手として史上初のゴールデングラブ賞などは衝撃的でしたし、昨日のことのように思い返されます。

長らく巨人の4番を務め、一時期は2軍落ちなども経験し苦しい時期を迎えますが近年は年齢とは思えない活躍を見せてくれました。

2015年11月23日に行われた引退セレモニーでも、彼の人気がうかがえますね。

多くのファンが彼の選手としての最後の姿を見送り、期待と悲しみが織り交ざった感じでした。

監督就任で批判も?

スポンサーリンク

多くのファンが彼の監督就任威期待を掛ける中、この新監督人事に批判の声を少なからずあるそうです。

ただ、この批判は彼が監督にふさわしくない!というものではなく、選手を引退させるのは早すぎるという意見のようです。

今現在も選手として相当な戦力である高橋由伸という選手を監督就任という形で引退させてしまうのはファンとしても心残りな部分は確かにありますよね。。。

原監督の監督としての実績を考えると、後任は相当な重責でしょう。

これを考えると、人気(集客力)や実力ともに考えても高橋新監督以外に候補はなかなか見当たりませんよね。

一部では江川さんを新監督にすればいいのでは?という声が出ていました。
勿論彼も素晴らしい選手でしたし、監督への噂が持ち上がったことも何度もあります。

ただ、彼は銭ゲバというのが通説。笑

球団をやめるときも色々揉めた過去があることからも巨人側としてもなかなかオファーは出しにくいのでしょうね。

父親の会社倒産の過去

高橋由伸新監督のお父様は会社を経営しておられたみたいです。

現在はお父様は他界されていますが、不動産関係の会社の代表をされていたようですね。

この会社は60億以上の負債を抱え倒産してしまうのですが、この倒産が彼の長い巨人人生の始まりのきっかけだったという話はご存知でしたでしょうか?

恥ずかしながら、私も今回新監督就任で彼について色々調べていた際に初めて知ったのですが、巨人軍がこの負債の肩代わりをする代わりに巨人への入団を迫られたようです。

これは有名な話ですが、彼はドラフト会議当初からヤクルト入りを希望していました。

既に書いた通り、ドラフト会議は9団体が奪い合う展開となり、この奪い合いに勝つべく巨人軍はこの異例の条件を突きつけたようです。

しかし、彼の苦労はこれだけでは終わらず、どうやらお父さんはこの後に立てた老人フォーム経営でも失敗。

父親の会社の倒産を2度も経験し、苦労の人なんだなぁと感じさせられました。

まとめ

今回は高橋由伸新監督について取り上げました。

選手としても大人気な彼ですので、新生巨人になる2016年はさらに注目が集まりそうです!

監督としての采配も期待したいですね!

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます! もし、『知りたい情報やためになる内容が少しでもあった!』ということであれば右下のソーシャルボタンから記事のシェアをしていただけますと大変励みになります。今後ともINFO STYLEをよろしくお願いします(^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ