土田晃之が干される日も近い?子供が私立中学受験!

鋭い目つきで体格が良く元不良のオーラが少し残っていますがバラエティー番組などで

話し出すと面白くて、ちょっとマニアックな感じで意外と頼りがいのある雰囲気で

ひな壇芸人として以前はよくテレビに出られており、テレビをつければ見ない日はなかったほどでしたが、

最近テレビ出演が減って来たのかなーと感じています。

何かと大口を叩いたり、冷ややかなコメントをされる時が若干ありますが、

そんな土田晃之が干される日が近いと思われる実態と子供が私立中学受験をする時、父として

どういった対応するのか気になったので取り上げて行きます。

スポンサーリンク

土田晃之

土田晃之(つちだ てるゆき)1972年生まれのお笑い芸人です。

一見不良っぽく見えますが、何かと頼りがいがあるアニキ的な存在で、子供は4人いて三男と一女がいる6人家族。

仕事が終われば家に直帰して家族と一緒に食事をとり、休日にはみんなで外出するほど良い家庭の父で、2009年には

「理想の父親だと思うお笑い芸人」で2位になられました。ちなみにその時の1位が山口智充でした。

そして2013年にはベスト・ファーザー イエローリボン賞を受賞。

その授賞式でのコメントが素晴らしく「うちの嫁は本当にベスト・マザー」と発言されるほど奥さんを愛してらっしゃいます。

土田晃之が干される日も近い?

愛妻家でテレビで見る限り本当に良いイメージのお笑い芸人、コントなど見たことはないですが、

ひな壇芸人として数々の番組に出演されてきて、一気に印象が悪くなった出来事がありました。

それはベッキーに対する発言でしょうね。不倫騒動発覚後のテレビ番組での発言で、

まさか土田晃之さんがこんな言い方するなんてと正直思いました。

「もう救えねぇっすわ」って聞いた瞬間、私は、えっ・・・て思いました。

もうフォローできねぇっすわ。だって、アレが本当だとするなら会見も全部ウソだったん? 

って続きますが、一緒に番組などで何度も共演していたタレントをこうも批判するのかと思いました。

私の土田晃之さんに対する良いイメージが崩れた瞬間でしたね。

なぜ、私がこんな事を記事にしたかと言うとベッキーのファンだからです。

思い出すだけでカチンと来ますが、確かに不倫は良くなかったと思います。

土田晃之さんと言えば愛妻家で家族思いが強く、休日に奥さんと出かけた時は一緒に手をつないで歩くほどのラブラブっぷりっていうのを

昔のテレビ番組でネタにされていたのを見たことがあるので、土田さんがベッキーの不倫に対してキツイ言い方をしたのも愛妻家だからこその批判だという事もわからないこともないですが、

私は土田さんをフォローできないですね。

なぜなら私はベッキーが大好きだからです(照)

今までのベッキーのイメージが良すぎてスキャンダル後も私は変わらずファンとして応援してるからです。

子供が私立中学受験!

かつてこんな事がありました。

それは土田晃之さんが小学2年生の時、学校の授業についていけず落ちこぼれになって

義務教育なので公立の中学は自動的に卒業できるのですが、高校受験の際に土建業を営む父親には頭が上がらなかったので、

父親から「家計が厳しいから私立高校へは通わせられない。公立高校に行け」と厳しく言われたそうですが、

頑張っても公立高校に受からない状態で、厳格な父に土下座までして私立高校を受験されたことがあったそうです。

土田晃之さん自身の子供に対しての教育はと言うと、父親がナメられてはいけないが、

子供たちに将来サッカー選手になってほしいとか頑張ってほしい等の思いは全くないと言ってらっしゃいます。

きっと自分が学生時代に落ちこぼれの不良で苦労してたから自分の子供達には学校さえ卒業してもらえればいいと考えられているのでしょう。

そして長男は既に私立中学を卒業されていて、次男も私立中学受験して合格されて通われていますが、中学生から私立なので学費はかなり高いでしょうね。

現在でもひな壇芸人として活躍されていますので収入面では今のところ問題ないと思いますが父親からしたら不安は尽きないでしょうね。

まとめ

土田晃之が干される日も近い?に迫った結果、テレビでもたまに裏方への批判があり番組スタッフ側からもあまり良く思われてないようです。

最近ではベッキーに対する批判の件で、視聴者や番組スタッフから今後干されてしまうんじゃないかと私的に思います。

子供がちょうど学費がかかる時期に入っており長男は高校生、次男は私立中学受験をしていてあと2人子供がいらっしゃるので父として踏ん張りどころだと思うので子供が成人になるまではテレビに出続けてないと収入的にキツイでしょうから干されるのは勘弁して欲しいでしょうね。

今後ひな壇芸人として生き残れるか、意外と正念場かもしれません。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます! もし、『知りたい情報やためになる内容が少しでもあった!』ということであれば右下のソーシャルボタンから記事のシェアをしていただけますと大変励みになります。今後ともINFO STYLEをよろしくお願いします(^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ