古市憲寿のアスペルガー症候群やかつら疑惑を検証!学歴そんな凄い?

若い知識人は最近のテレビ業界では結構目立ち始めていますが、そんな中でも特に注目を浴びているのは作家の古市憲寿さんではないでしょうか。

情報番組などではかなりきわどい発言があったり、Twitterなどでは失言とも取れるようなつぶやきを発信されたりしていますが、彼の物事に対する考え方は一部では高く評価されています。

そんな今注目の古市さんについて今回は取り上げたいと思います!

スポンサーリンク

古市憲寿

650cda1d82f2ee6c896f4d1bcb7e4288-1

古市憲寿(ふるいちとしのり)さんは1985年生まれの作家さんです。

どうやら多くの人は学者やどこかの教授だと思っている人が多いようですが、あくまでもまだ学生で慶應義塾大学の博士課程に在籍されています。(2015年現在)

今後は学者としても道もありえるかと思いますが、活動としては今現在も野田内閣や安倍内閣の会合に知識人として呼ばれるなどそれらしい活動はされています。

メディアで注目されるようになったのは著作の『絶望の国の幸福な若者たち』が注目されて以降。

朝まで生テレビや、お昼のコメンテーターとして活躍されています。

最近ではその独特のキャラや感性からバライティ番組などでの活躍も多く、注目度は右肩上がりに上昇中の若手作家です。

学歴はそんな凄いのか?

スポンサーリンク

テレビ出演の際は相当な上から目線が目立ちますよね。笑

これが原因で彼のことを嫌いという批判的な意見も目立ちますが、ここでは彼の学歴について見ていきたいと思います。

まず高校は埼玉県にある公立の越谷北高等学校というところを卒業されています。

偏差値的にいうと66程度の学校で、いわゆる進学校ですね。
公立高校としてはなかなかの進学率を誇る高校としても有名です。

ここから大学は慶應義塾大学の環境情報学部へと進みます。一般的にSFCと呼ばれるところですね。

彼の場合は大学受験をAO入試で突破しているので、一般入試よりも当然難易度は落ちます。

大学卒業後は東京大学大学院の総合文化研究科というところに在籍。

この学歴を見てみると一般的には凄い!となりますが、実際受験事情を知っている人からすると慶應の学部や入試形態、また東大院の学部などが少し引っかかるところではないでしょうか。

正直驚愕と評されるほどではないと思いますが、なにより今のテレビでの活躍は素晴らしいですね。

アスペルガー症候群やかつら疑惑を検証!

c3e41191

アスペルガー症候群とは、自閉症の一種で知的障害まではいかないまでも何らかのコミュニケーション障害や生活上の障害を表す症状です。

厳密な定義は一言で言うことは出来ないほど複雑なものなので大まかですが、特徴としては自分の興味のあることに凄まじい執念を燃やしたり集中力がスゴイのに、興味関心のないことに関しては一切出来ない。などが挙げられます。

このアスペルガー症候群の人というのは以外にも偉人たちにも多く、ひとつの分野で突き抜ける人というのは基本的に凄まじい集中力を持っている方に多いためだと考えられています。

古市さんもネットではアスペルガー?と噂になっていますが、彼の場合は発言や言動、考え方が特殊過ぎるだけでアスペルガーとは違いますね。

まぁでも以前おっしゃっていた『女性と付き合う人の気持ちが分からない。キスとか汚いとしか思わない。』という趣旨の発言はさすがに引きましたね。笑

また、彼に関する噂というとかつら疑惑というのも浮上しているようです。

コチラの判断は皆さんに任せるとして・・・

20130811131940eb0

どうでしょうか・・・?笑

まとめ

今回は最近注目されている古市憲寿さんについて取り上げました。

問題発言が多いのでそれだけ注目されることも多いですが、せっかくのテレビ出演の機会や人気もある人ことですべてダメにしてしまう芸能人は何人も今までにいますので、そういったことのないように注意してほしいですね。

彼の専門分野である社会性に関することは特に変なことを言うと炎上しやすい分野でもあると思うので尚更ですよね。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます! もし、『知りたい情報やためになる内容が少しでもあった!』ということであれば右下のソーシャルボタンから記事のシェアをしていただけますと大変励みになります。今後ともINFO STYLEをよろしくお願いします(^^♪
サブコンテンツ

このページの先頭へ