愛華みれは創価学会員?おばさんになっても綺麗だが最近太った?

本人にはちょっと失礼なタイトルですいませんが、

宝塚歌劇団のトップスターで華々しく活躍されて2001年に退団。

その後も女優として舞台やドラマなどで役者としてメディアなどに出演されていますが、

そんな愛華みれさんは創価学会の会員だったのか?

宝塚歌劇団を退団した後おばさんになっても綺麗だけど、

なぜ最近太ったのかについて取り上げて行きます。

スポンサーリンク

愛華みれ

愛華みれ(あいか みれ)1964年生まれの女優さんです。

元宝塚歌劇団のトップスターでもいらっしゃった方です。

なんといっても歌唱力が素晴らしく男役にはピッタリだったそうです。

仲が良い人からタモさんって呼ばれているそうですが、何でかなーと思ったら本名が森田裕子(もりた ひろこ)さんだそうなので

きっとタモリさんから来ているんでしょうね。

宝塚退団後もミステリーやサスペンス、小説のドラマなどに出演されて映画やCMにも出られるなど色々な場面で活躍されています。

愛華みれさんは創価学会員なのか?

以前創価学会の勧誘があり話を聞いたことがあるのですが、日本人およそ10人に1人は創価学会の会員という事を聞きました。

もちろんその中には某有名人の名前も沢山ありました。ネット上でも沢山の芸能人やアーティスト、モデルなど様々な人が会員との噂が流れています。

日本一と言われている新興宗教ですからね。

そんな愛華みれさんが学会員なのか色々調べた結果ですが、愛華みれさんは創価学会の会員の事実はネット上にはまだ出てきていないようです。

やはり、女優という立場上なかなか表に出てきていないのでしょか?

愛華みれさんは最近太った?

若い頃の写真を見比べてみると、あれこんな人だったっけ?と思っていしまうほど変わってしまったなーと感じてしまいますが、

その原因はガンだったそうです。

2008年の2月頃に鎖骨辺りにピンポン玉くらいのしこりを見つけて病院へ。

検査結果が出るまで2週間ほどかかり、その2週間後の検査結果、悪性リンパ腫と診断されてたそうです。

抗がん剤と放射線治療で、そのピンポン玉くらいに膨らんでいたしこりもだんだん小さくはなっていったのですが、

悪性リンパ腫の治療の際に抗がん剤からくる腎機能障害のせいで急に何キロも体重が増えたりする場合があるそうです。

愛華みれさんがぽっちゃりになったのも恐らく抗がん剤のせいだと思われます。

ちょうどその頃、婚約もされており婚約中の彼にも病気のことを打ち明けると、「一緒に治そう」とおっしゃられたそうです。

その後2人はめでたくご結婚されました。

悪性リンパ腫は再発の可能性があるそうなので愛華みれさんも3カ月に1回の定期健診をされているそうです。

若くてガンになるのは本当に辛いですよね。その辛さを綴った本も出版されています。

タイトルが「てげてげ。いい加減なガンとの付き合い方」

婚約中に病気が発覚して結婚に悩まれている方は是非読まれてみてはいかがでしょうか。

まとめ

愛華みれさんが創価学会員という事実が掴めませんでしたが、恐らく会員の人だけにしかわからない情報かもしれません。

実は、あなたの身の回りの人も入っているかもしれません。なぜなら、10人に1人の確率のようですからね。

愛華みれさんがおばさん化したのは、きっとガンの影響だったからかなと思います。

宝塚時代はすらっとした顔立ちで美人だったのに退団したらぽっちゃりおばさんになってしまいましたが、

その原因は結婚したから幸せ太りではなく悪性リンパ腫というガンを患ってしまい抗がん剤治療などで体重も増えてしまったようです。

無事ガン治療が終わり、復帰後も様々なドラマに出演され活躍されています。

これからもガンと年齢に負けない美しさで闘病中の方々に勇気を与える活躍を続けてほしいですね。

スポンサーリンク

最後までお読みいただきありがとうございます! もし、『知りたい情報やためになる内容が少しでもあった!』ということであれば右下のソーシャルボタンから記事のシェアをしていただけますと大変励みになります。今後ともINFO STYLEをよろしくお願いします(^^♪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ